トップページ:全館空調システム「きくばり」とは:きくばりのスゴイところ:製品ラインナップ:アフターサービス:よくある質問

トップページ > アフターサービス

アフターサービス

安心を支える充実のサービス体系

  • アフターサービス体系
  • 定期点検サービス
  • 10年間長期保証サービス

安心を支える充実のアフターサービス体系

安心して快適にお使いいただくための“定期点検サービス”です。
また、追加でご加入いただくことで、10年間何度でもご利用いただける“10年間長期保証サービス”もご用意しました。

アフターサービス

※1 10年間長期保証サービス単独では申し込みできません。定期点検サービスへの加入を前提とした商品です。
※2 10年間長期保証サービスの申し込み期限は保証書に記載されている購入年月日から12ヶ月以内です。
※3 定期点検サービスの申し込み期限は対象システムの保証書に記載されている購入年月日から2年以内です。
   2年以降のお申し込みも可能ですが、加入条件が異なりますので、別途お問い合わせください。
※4 定期点検サービスの料金は使用機種、設置台数、点検内容によって異なります。
※5 アズビルの標準保証期間となります。2016年4月以前にご購入のお客様は製品保証期間が1年の場合がございます。保証書をご確認ください。
   また、住宅メーカーが別途保証を設けている場合もありますので住宅メーカーの請負契約書にある保証条項も合わせてご参照ください。

ページトップへ

定期点検サービス

全館空調システムをより快適にお使いいただくために、定期点検サービスをご利用ください。
定期点検はシステムの「健康診断」です。その内容はシステムのデータ計測と運転状況のチェックなどで、
システムの健康状態を把握することで、 経年劣化による機器不調の早期発見に役立ちます。

※実際の修理や部品交換の費用は、定期点検サービスの費用には含まれません。
※事前にお客様からの依頼がない場合、定期点検日当日の修理などは承れません。
※定期点検サービスの申し込み期限は対象システムの保証書に記載されている購入年月日から2年以内です。
 2年以降のお申し込みも可能ですが、加入条件が異なりますので、別途お問い合わせください。

定期点検の内容

電圧、電流など電気系統の点検(室外機・室内機)
室外機
室外機の心臓部である圧縮機を点検し、異常がないか確認します。特に電流値に異常が認められた場合にはお客様にお知らせいたします。ファンモーターもあわせて点検いたします。
室内機
ファンモーターならびに、信号線の結線などを点検し、システムが正常に稼働しているかを確認します。
冷凍サイクルの点検(室外機・室内機)
室外機
室外機の主要部の温度を計測して冷凍サイクルに異常がないか確認します。
点検箇所は吸入管、吐出管、圧縮機ヘッド、膨張弁などです。
室内機
約30項目におよぶ運転データを細かく調査することで異常がないことを確認します。
ドレン管の洗浄清掃(室内機)

ドレン管とは、冷房や除湿時に発生する水分を室外に排出する管のことです。配管が詰まるとドレン水が室内に逆流し、大切なお客様のお部屋を汚してしまうこともあります。そのため、定期的な点検・清掃が欠かせません。

電子式エアクリーナの点検、清掃(電子式エアクリーナ)

電子式エアクリーナ本体の清掃と電子式エアクリーナの主要部であるパワーパックの状態を点検し、異常の有無を確認します。
集じんセルタイプ(イオナイザ・コレクタ一体型):洗浄済み集じんセル(リユース品)への交換を実施します。
集じんユニットタイプ(コレクタ分離型):集じんユニットの清掃を実施します。

定期点検の付帯のサービス

定期点検サービスにご加入いただきましたお客様には、年1回の点検に加え、以下の3つの加入特典をご利用いただけます。
   特典提供期間:2016年7月1日~2018年12月31日(ただし、定期点検サービスの契約期間中に限る)

24時間365日のホットラインの利用

集じんセルの交換保証

消耗部品、修理部品、工事費用が20%OFF

ページトップへ

10年間長期保証サービス

ご購入後、故障、経年劣化による修理を、10年間にわたり定額有償保証するサービスです。

10年間長期保証サービス

お客様に安心していただくために10年という長期間、経年劣化への対応も含めた保証サービスを提供しております。

修理依頼回数に制限はありません。10年間何度でも対応いたします。

アズビル(株)独自の保証サービスですので、家財保険と異なり保証適用の手続きが簡単です。

※アズビルの標準保証期間となります。2016年4月以前にご購入のお客様は製品保証期間が1年の場合がございます。保証書をご確認ください。
 また、住宅メーカーが別途保証を設けている場合もありますので住宅メーカーの請負契約書にある保証条項も合わせてご参照ください。

ページトップへ